ヨガ

【Pray for Australia】ブッシュファイヤー・チャリティーイベント

みなさんこんにちは!ヨガインストラクターの Moeです。

 

1月から始まった大火災へのウェルリヴ・チャリティーヨガ、最後のママヨガをもって無事4回全てのワークショップが終了しました。私も受ける側として2度のレッスンに参加させていただき、3回目にはインストラクターとして、英語でのレッスンをさせて頂きました。

 

ヨガには、【繋ぐ】という意味があります。

呼吸を通して心と体を繋ぎ、
人と人を繋ぎ、
人と自然もが繋がっていく。

 

今回のチャリティーヨガはそんな【繋がり】を強く感じられる時間でした。

 

参加して下さった方々は、実に様々。

旅行者の方から長期在住者の方、女性の方だけでなく男性の方も。
そして国境を越えて、フランスからの方、韓国からの方も!さらには親子でのママヨガでは世代までがぐんと広がりました!

 

しかし、今回集まって下さった皆さまには共通点があります。

それは、「ヨガが好き」「オーストラリアが好き」ということ。

 

目を閉じ、

心地よい空気を感じながら、

呼吸を整え、体と向き合う。

 

時に難易度の高いポーズにチャレンジしてみたり、
時にみんなで輪になり支え合ってポーズをとってみたり、皆がこの瞬間の繋がりを感じると共に、レッスン後の皆さまの笑顔が清々しく、とても眩しくもありました。

そこには幸せな時間がゆっくりと流れていました。

 

 

 

こうして皆の温かい心が繋がり、一人ひとりの行動があわさる。そして、その想いが火災で被害に遭われた方々や地域の助けとなります。地球のどこかで誰かが困っている時はこうして、皆で助け合い、乗り越えていけることが、どんなに素晴らしいことか。今回このイベントを通して改めて一人ひとりの行動が集まって大きな力になると感じました。

 

 

 

 

 

この参加費は全てオーストラリア赤十字「RED CROSS」に寄付されシェルターを作るお金やボランティアの方々への収益に使われます。4回のヨガワークショップを通して、合計$420のドネーションが集まりました。ご参加いただいた皆さま本当にありがとうございます。

 

 

科学者も想定できなかったこの大火災。

 

どんどん変わっていく地球。

 

私たちは地球と一緒に生きています。

 

 

ヨガで大切な「呼吸」
この呼吸も地球の大自然、森や海から作られた美味しい空気のおかげでできるもの。

そんな地球のために私達に何ができるでしょうか?

 

この大火災をきっかけに自分にも地球にも優しいECOライフ始めてみませんか?

 

ECOと聞くだけで、難しそうとか、高そうだなんてイメージを持ってらっしゃる方。
実はECOって気軽に出来て、とても経済的なのです。
地球に優しいだけでなく、自分の身体にも良かったり、お財布にも優しかったりと、良いことだらけ。例えば、マイボトルを持つ。スーパーにはマイバッグ持参で行く。それだけでも立派なECOなのです。

 

 

オーストラリアでは日本より随分エコライフが生活に浸透しているように感じます。皆さんも、まずは小さなことから始めていかれてはどうでしょうか。私が実際行っている簡単で身近にできるエコなこと、オーストラリアでのエコ事情についても
これから少しずつシェアしていきたいと思います。お楽しみに!

 

 

改めてチャリティーヨガご参加くださった皆さま、有難うございました。
こうして素敵な方々との繋がりに感謝します。

 

Namaste. xx

 

 

◾️ライター @Moe

次回のヨガワークショップはこちら。

3/19 18-19:00 バイリンガルヨガ
by Moe $20

3/23 11-12:00 ママヨガ by Manami $15

Private/ Group Lesson & Retreat by Elly $25