ウェルリヴ

今こそエコ活!地球に優しいサステイナブルな暮らし方

みなさんこんにちは!ヨガインストラクターEllyです。

何でも手に入る便利な世の中の背景には、『地球環境問題』が深刻化し自然破壊が急速に進んでいるのをみなさんご存知ですか?

オーストラリアでは、山火事による大気汚染や継続的な大雨による洪水被害などの異常気象が続き、地球は環境破壊の負担に限界を超えてしまっています。その地球からの警告が、まさに新型コロナによる世界のパンデミックとして人類の致命的な歴史を刻んでしまっているのではないでしょうか。

普段わたしたちが何気なく手にしているものがどれだけ地球に悪影響を及ぼしているのか、本当に生活に必要なものなのか今一度見直していくときなのです!

地球環境問題と大規模な話に感じるかもしれませんが、何気ない日常生活の中にもできるエコな活動がたくさんあります。

今すぐにでも生活に取り入れることのできる地球に優しいサステイナブル(持続可能)な暮らし方を今回ご紹介します!

地球環境問題の現状とは?

地球上で今何が起こっているのか、ニュースやSNSでその情報を調べてみると、信じられないくらい深刻な状況に正直ショックを受け目を背けたくなるほどです。

地球温暖化、海洋汚染、森林破壊、大気汚染など美しい地球から悲しい地球に急激に変化していて、それを引き起こしている人間の身勝手な行動が、動物を犠牲にしたり、ゴミだらけの海で魚やサンゴが消える被害も悪化しています。

この環境問題を止めるには、この現状から目を背けず、「地球や動物に優しい選択」をひとりひとりが意識してできる範囲で始めていくことが、生きていく上でとても大切なのです!!!

ここ最近は、「サステイナブル」「ゼロウェイスト」というエコに関するショップやオンラインサイトも増えてきて、意識している方も多くなってきましたね。

なぜ今エコ活が必要なのか

私たちは常に地球と共存して生きており、地球上にあるものすべては貴重な資源を使用してできいるものです。

便利を求めるあまり、貴重な資源を無駄遣いしたり、地球を汚したりすることは結果的に災害となって私たちの身に返ってきます。

その現実を一刻も早くストップさせるためにも、今自分にできることからはじめていきましょう!

エコ活 = エコ美容にもなる!?

エコ活である「お肉や乳製品を減らす」ことは肌の調子がぐんと上がる、体スッキリ軽くなる、便通が良くなるなど女子には嬉しい美容効果もあります!

お肉や乳製品を一切取らない「ヴィーガン(完全菜食主義者)」も年々増え続け、世界中でも先進国を中心に菜食主義が推奨されています。

お肉から摂取できる栄養は、植物からでも摂取できると実証されていることから今後ヴィーガニストは増えていくでしょう。エコ先進国であるオーストラリアには、ヴィーガンやベジタリアンのお店もたくさんあって、それはまた別記事で紹介しますね。

できることから始めよう!

食事編


◎携帯用カトラリーセット持参
→食事をする際に必ず必要となるカトラリー(箸やフォークなどの総称)。ネットやエコショップで販売している携帯用カトラリーセットを持参して、使い捨てのものを使わないようにしています。特にプラスティックのスプーンやフォークは、海洋汚染の原因やゴミ処理問題を悪化させるので避けています。

◎プラントベースに変える
→「肉や乳製品を食べなくなる」と、畜産業が抱える水不足や森林伐採を食い止めることができます。完全にお肉や乳製品をやめて植物だけの食事にするということではなく、無理のない程度に野菜を取り入れて自炊生活を楽しんでいます。まずは、週1でお肉を断つ「ミートレスマンデー(肉なし月曜日)」も世界中で開催されているのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

◎エコラップを使用
→繰り返し使えるエコラップは、粘着性があり使い方も多様でまさにエコ!
私が使用している「ミツロウエコラップ」は、自然素材で地球への負担を減らすことができます。最近は、バリエーションが豊富で可愛い柄のものが発売されているので、使うのが楽しみでお料理が楽しくなります。

◎オーガニックのローカルフードを選ぶ
→地産地消のものには、地元で作られた人たちの愛情がたくさん含まれているのでなるべくローカルのものを選ぶようにしています。輸入ものなどは、消費されるまでのフードマイレージ(食料の輸送距離)がかかり、環境問題にも繋がります。ゴールドコーストでは、さまざまなエリアでファーマーズマーケットが開催され、オーガニックフードが比較的手に入りやすいです。

生活編


◎エコ洗剤を使用
→環境問題のひとつである水質汚染は、私たちが使用している洗剤の中に含まれる有害化学物質などが原因と言われています。地球にも人間にも優しく安全なオーガニック洗剤が最近のブーム。特におすすめは、ゴールドコースト発の100%認定オーガニック洗剤「ハッピー(Happi)。このブランドは、赤ちゃんにも使えるナチュラル製品で合成界面活性剤を使用していないので、アトピーや敏感肌の方にも安心です。1つ買うごとに、ミャンマーのマングローブを1本植える活動をしているので、私たちが購入することで環境再生にも自然と貢献することになります。使っていても、自然な香りに癒やされて、1袋で約400回分の使用ができるのでかなりお得!!
ネットで購入可能なので、気になる方はサイトを是非チェックしてみてください♪
ハッピー(Happi)日本公式サイトはこちらから。

◎消費電力を減らす
電力の無駄使いを減らして、消費電力を減らしていきましょう。私は早起きが好きで、そのためには毎日22時前後には電気を消して就寝しています。朝の日が昇るときから活動し、朝の時間を充実させると1日が健康的でハッピーに過ごせます。

◎バンブー歯ブラシやストローでプラスティックレス
→歯ブラシやストローも以前はプラスティックのものを使用していましたが、竹で作られているバンブーものにシフトしています。口に入れるものだからこそ、ナチュラルで自然素材のものを使っているので心地よい時間を過ごせます。

外出編

◎エコバック持参
→すでに定番化しているエコバック。オーストラリアでは、レジ袋が既に有料化され、スーパー帰りはみなオリジナルのマイバックを持っています。日本でも2020年7月から義務化されることが決まっているそう。お出かけには必須アイテムですね。

◎なるべく自転車か徒歩
→公共交通機関や自動車から排出されるCO2は、年々増加されています。近距離の移動や時間があるときにはなるべく歩いたり自転車を使うように意識するのもエコのひとつ。健康や体力作りにも効果的で、歩きながら色んな発見があるのも楽しいです。

◎サンゴに優しい日焼け止め
→何気なく使用している強力な日焼け止めには、化学物質が多く含まれサンゴやその他の生き物を殺す原因にもなります。そのため、自然素材で赤ちゃんにも使えるような日焼け止めが販売されていますので、安心して海に行って使用しています。

まとめ

現状の環境問題と向き合いながら、本当に必要なものは何なのか、無駄なものは何なのか意識してみてはいかがでしょうか。

思ったよりも身の回りにある無駄なものに気付くかもしれません。

エコな暮らしを選ぶのも個人の選択の自由があると思いますが、今私たちにできる小さな1歩が未来の地球に良い影響を与えることは間違いないと私は信じています

愛のある選択で、自分にも地球にも優しいエコな暮らしをしていきましょう。

ABOUT ME
Elly
Elly
2017年に単身ハワィへ渡米。2019年10月からゴールドコーストへ移住。Well Liv.アンバサダーやヨガワークショップを担当。海や自然を愛し、サップヨガインストラクターやビーチクリーンイベントを開催。エコやオーガニックなヘルシーライフスタイルを発信中。